離婚後の住宅ローンのお悩み解決する方法

Uncategorized

女性の社会進出(地位向上)、就業率の向上などにより、夫婦共働き世帯が増えてます。

マイホームを購入する際、女性もローンに参加する機会が増え、名義も夫婦共有が当たり前となっております。 ハウスメーカーの立場は、購入予算を高くしたがります。

そうなると夫婦の年収を合算した方が予算が大きく取れる為、連帯債務を推奨します。 金融機関も同様で、夫婦年収合算の方が審査が通りやすいので推奨します。 こういった背景もあり、住宅ローンの名義や不動産名義は夫婦の共有になるケースが多いです。

ただ女性の社会進出が増加すると同時に離婚のケースも増えています。

自分が子どもの頃は親が離婚した同級生はほとんどいなかったんですが、最近は自分の周りでも何組か離婚された夫婦を見かけます。

離婚は年間で約20万世帯いるそうなのでそれだけ多くなったということでしょうか。

離婚の原因は「旦那が生活費を入れない」「酒やギャンブル好き」「浮気された」「DV」等があります。

以前はそんなひどい夫でも妻が我慢をして家庭を支えていましたが、それは子どものことや女性一人で生活していくのには厳しいことを考え我慢するケースが多かったと聞きます。

現在は女性が一人になっても自立でき、シングルマザーに対するサポートもしっかりしている社会になったおかげで我慢する必要がなくなったのでしょう。

ただ離婚すると色々問題が出てきます。

先ほど述べた「住宅ローン」がそれです。

夫婦共有名義になると離婚で籍は抜けても、ローンの義務は抜けません。そのため離婚時に住宅ローンの名義を変えておかないと、後からトラブルになります。

そんな様々な問題をすっきり解決してくれるのがこちらです。

離婚・住宅ローン対策センターで離婚後の住宅ローンのお悩み解決いたします。

離婚した後も、売らずに家に住み続けたいと考えている方には

・ローンも不動産も両方名義を1本化  

・全国対応可

・電話、メール、郵送で完結(当社への面談、来社不要)

・住宅ローン借り換えのプロ(住宅ローン診断士)が対応                                                            

とサポートが充実しています。

また関東財務局登録の正規貸金業代理店(コンプライアンス体制完備)のため安心して任せられます。

現在、離婚検討中・離婚協議中の30代〜40代の女性、夫婦共働き、子持ち(引き取る)で離婚後も家にそのまま住み続けるとお考えの方は一度ここに相談してみると良いかもしれません。                


コメント

タイトルとURLをコピーしました